メニュー

Close

HOME

レポート

相続・承継と信託の活用 VOL.3 信託の税務における区分(2015.12.16)
信託の税務における区分(受益者等課税信託、集団投資信託、法人課税信託等) 信託では、受託者に所有権が移転しますが、実際には財産を預かっているだけで、財産から得られる利益を受けるのは受益者です。税法では、受益者が実質的に財産の所有者であると考え、受益者に対…

▼続きを読む

相続・承継と信託の活用 VOL.2 3つの信託行為(信託契約・遺言・信託宣言)(2015.11.16)
信託の方法 信託では、受託者(家族や銀行など)は、頼まれた目的(孫への生活費・学費の支給など)を達成するために、財産を売ったり買ったり賃貸したりしながら管理・運用することになります。信託の設定によって、財産の名義は受託者に変更することになりますが、実質的…

▼続きを読む

相続・承継と信託の活用 VOL.1 誰でも信託を活用できる(2015.11.16)
信託とは、「信じて託す」財産管理の方法 信託とは、簡単にいうと、財産の所有者・権利者が、財産の管理・処分・運用等を他の者に任せ、受益の権利を持つ者が受益の分配を受けることです。文字通り「信じて託す」財産管理の方法で、もともとイギリスで始まったといわれてい…

▼続きを読む

タイへの海外展開 VOL.3 タイに駐在する(VISA/WP)(2014.11.03)
タイ駐在にあたっての滞在・労働許可 日系企業が海外進出を検討する際は、外資規制をまず把握する必要がある事を前月のレポートでご紹介しました。外資規制を確認した後、海外進出を決めた場合には、駐在する日本人の規制や要件などを確認する必要があります。当然ですが、…

▼続きを読む

タイへの海外展開 VOL.2 タイの投資環境(外資規制/外国人事業法)(2014.10.15)
タイの投資奨励と外資規制 日系企業が海外進出を検討する際は、まず外資規制を把握する必要があります。具体的には、「自社が展開を検討している事業を行えるのか」、「業務を行える場合の障壁・規制はどのようなものか」 を確認することになります。その後、外資誘致政策…

▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る